フランチャイズの独立

業種の選び方

独立開業と掲げればずいぶん羽振りのいい感じもしますが、フランチャイズ独立ならさほど難しいことはないでしょう。様々な研修制度やサポートがあるので高確率であなたの経営者に仕立ててくれるでしょう。しかしフランチャイズ加盟には二通りあって、製品や食品を作り上げるスタイルと、行動そのものがお金に変わるものとにわけらえます。たとえば物づくりなら、ラーメン店経営、ガラスアート制作、お好み焼き店経営などがありますし、スキルで儲けるスタイルは、介護関連、在宅介護、買い取り専門店などが用意されています。これらの中からあなたの最適な商売を見つけだすのですが、そこに儲かりやすさを第一に考えると失敗に終わることも多い。だからあなたの興味がわく商売であること、将来性も加味すること、集客の度合いは適正なのか、と言った項目でジャンルを狭めていけばいいのです。楽に儲けられる商売はありませんから、必死に取り組む内容でなくては決して起業も成功しないのです。

 

販売スタイル

コンビニのフランチャイズ独立はこのどちらにも含まれないでしょう。しかしフランチャイズでコンビニは今や王道ともいえるだけの加盟者がいるのです。これはフランチャイズ加盟者だけではない、コンビニ業界の熾烈な戦争に加わるのですから、本部としても様々なてこ入れを行うことになってくる。非常にありがたくあなたの儲けに直結するとしても、あなたらしい経営を行えるかどうかは未知数です。好き勝手に行うコンビニ経営なら個人店を開業したほうがいい。だからある程度本部で決められた箍の中であなたらしさを描き出さなくてはいけないジレンマも発生するのです。しかし早い段階で収入が発生する可能性はかなり上位にランクするでしょう。さらに街でありがたがれる存在となるためには最適な業種かもしれません。フランチャイズ独立を考えている方はそのあたりも精査して、どこに加盟してなんの商売を生業にするのかを考えることが重要になってくるのでしょう。ぜひご検討してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です